婚活パーティーは応募条件に注目するのがポイント

初めて参加した婚活パーティーは失敗だった

以前、何回か婚活パーティーに参加したことがありますが、最初に参加した会はあまり良くありませんでした。
そのパーティーは比較的大きなサービス会社が主催しているもので、全国的に会員数も多かったので、開催された場所も綺麗なホテルの広い宴会場です。
その日の出席者も多く、とても賑やかで結婚式の披露宴のようだったのを覚えています。
しかし、実際にその場に行ってみて失敗したかなと感じました。
まず、会の内容にメリハリが無かったことです。
開会の挨拶のようなものが主催者側からあった後は、特に何かゲームなどの企画も行われず、ただ出席者同士で自由に話をする時間が設けられていました。

つまり、主催者側のスタッフが誰かを紹介してくれるわけではなく、自力で異性に話しかけて会話をはじめるしかない状態だったのです。
そもそもそうしたアプローチの仕方が苦手だから婚活サービスに登録しこうした催し物に応募しているのに、自分できっかけを作れというのは酷だなと思いました。
立食形式でお料理も豪華なバイキング方式だったのは贅沢で良かったのですが、座る席が一切ないというのも疲れるものです。
会の半ばで退席する人たちも目立ち、参加者の間で会話が出来て盛り上がっている人は限られていたと思います。
結局、最後まで居ないで途中で帰ったのですが、終わってみて最初に応募したときから失敗していたのだと気づきました。

初めて参加した婚活パーティーは失敗だった : 2回目以降は応募条件や内容を吟味して参加 : 婚活パーティーは企画の内容を重視して探すのが大切